ベルタ酵素とバナナダイエットはどちらが痩せられるのか?疑問に思ったことはありませんか。バナナはスーパーに行けば簡単に手に入りますし、果物の中でも手に入れやすい価格なので、バナナダイエットの方が効果があればお財布にも優しくて助かります。

ベルタ酵素とバナナダイエットでは、どちらがいいのか検証してみました。

ベルタ酵素とバナナはどちらが痩せられる?

バナナにも酵素が含まれています。バナナに含まれているのはアミラーゼという酵素で、炭水化物を分解する時に使う酵素です。

特に表面に黒い点が出てきて甘くなった完熟バナナには酵素がたくさん含まれているとも言われ、海外の健康マニアの間でも話題になっています。

そこで気になるのが「ベルタ酵素とバナナでは同じような効果が得られるのか?」というところです。

先ほど述べたように生のバナナを食べることで摂れる主な酵素はアミラーゼです。それに対してベルタ酵素ドリンクの場合、摂取することができる酵素数は165種類。ベルタ酵素サプリを併用するならプラス620種類の酵素がとれます。

酵素を補ってダイエットするという視点で考えれば、圧倒的にベルタ酵素でのダイエットの方が効果的であることがわかります。

ベルタ酵素とバナナを摂取カロリーで比較

バナナダイエットが話題になって以降、バナナはダイエット救世主のように言われるようになっていますが、実はバナナは糖質がとっても多い果物です。

100gのバナナ中の糖質はなんと約20g。バナナの1/5が糖質なんです。アスリートが栄養補給にバナナを好むのは効率的にエネルギーを摂取できるからなんですね。

ただ、ダイエットの場合はちょっと話が変わってきます。糖質を多くとれば、それだけダイエットからは遠ざかってしまいます。

ベルタ酵素は1回分で60kcalバナナのカロリーは1本(100g)で86kcalですので、ほとんど差がないように見えます。

ただ、バナナダイエットの場合1食に2〜3本のバナナを食べますので摂取カロリーは200kcal以上になります。

カロリーの観点で考えても、バナナのみでダイエットをするよりもベルタ酵素でダイエットした方が効率的なように思います。

ベルタ酵素とバナナの相性はバッチリでした

バナナダイエットよりもベルタ酵素でのダイエットの方が効率的であるというお話をしましたが、実はベルタ酵素とバナナは相性がぴったりです。

ベルタ酵素で短期間に痩せようと思ったら、夕食をベルタ酵素に置き換えてダイエットします。朝と昼など1日2回は好きなものを食べていいのがベルタ酵素でのダイエットの魅力でもあるのですが、この時バナナは朝食やおやつで大活躍してくれます。

朝バナナを食べると酵素や食物繊維を補うことができ、小腹が空いた時に甘いバナナを食べることで満足感を得られため、カロリーの多いものを食べる習慣が無くなります。

私が実際にベルタ酵素でダイエットしている時も、バナナはベルタ酵素でのダイエットのサポーターのような役割をしてくれていました。

そうは言ってもバナナの食べ過ぎは太る元です。ナナは1日1本までにしておきましょう。

バナナとベルタ酵素の相乗効果でキレイにダイエットしたいですね。