ベルタ酵素が陰嚢湿疹にいいという噂を聞きました。

うちの主人は毎年夏になると陰嚢湿疹に悩まされます。見ているだけでも辛そうなので「病院に行ってきたら?」と声をかけるのですが、仕事が忙しくてなかなか病院にも行けません。湿疹ができた場所が場所なだけに、病院に行くのも恥ずかしいという気持ちもあるようです。

そこで私が飲んでいるベルタ酵素を飲んでもらったところ、あれだけ悩んでいた陰嚢湿疹が落ち着いてきて、そこまで気にならないレベルまで改善されました。

ベルタ酵素は本当に陰嚢湿疹にいいのかご紹介します。

べルタ酵素が陰嚢湿疹によかったワケ

陰嚢湿疹の原因の1つは体内の老廃物だった!?

私たちは毎日の食事で多くの添加物を口にしています。食事に気をつけている人でも、菓子パンを食べる機会はあるでしょうし、何気なく買っているコンビニのドリンクなどにも香料などの食品添加物が入っています。

それらの添加物は体内の多くの酵素が分解して排出しているのですが、加齢やストレス、疲れなどなによって排出機能が落ちてきてしまい、だんだんと老廃物が体の中に溜まっていきます。

そして体内が不純物でいっぱいになってくると湿疹や赤み、かゆみなどが出て気安くなります。ストレスで湿疹ができる方もいますが、これはストレスによって体内の濾過機能が落ちることも要因になっています。

ベルタ湿疹を飲むと体が正常な機能を取り戻すきっかけになります。酵素は体の中の不要なものや老廃物を外に出す働きがあります。ベルタ酵素を飲むことで体が元気になり、肌のバリア機能や修復作用も正常になって陰嚢湿疹がよくなることもあります。また、肌トラブルは腸内環境の改善によって改善されることも多いです。

肌のバリア機能が正常になった

陰嚢湿疹の主な原因は、陰嚢への刺激です。風通しが悪い箇所なので汗をかいても乾きにくく肌への刺激になります。下着に触れる部分でもあるので、下着のズレも原因の1つなります。

ベルタ酵素にはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど女性用の高級美肌ドリンクに入っているような美肌成分も入っています。ベルタ酵素を飲むとこれらの美肌成分を一緒にとることができ、知らず知らずのうちに肌荒れや赤み、かゆみの原因となる肌のバリア機能の乱れを正してくれます。

陰嚢湿疹ができた時のベルタ酵素の飲み方

うちの主人は毎年夏になると陰嚢湿疹ができるようです。

かゆみとなんともできない不快感に相当参っているようで、陰嚢湿疹ができると毎日「会社に行きたくないなぁ…」と憂鬱そうでした。市販の軟膏を塗ってもなかなか良くならず半ば諦めていましたが、便秘解消のために飲み始めたベルタ酵素で、図らずとも陰嚢湿疹に悩むことがなくなったようです。

その時の主人のベルタ酵素の飲み方は、朝起きてすぐと夕食前にベルタ酵素を飲むというもの。ベルタ酵素はピーチ味なので、酵素の独特の香りや味が苦手な方が多い男性も抵抗なく飲むことができます。

飲み方は自由で朝はヨーグルトにかけていましたし、夕食前はほっこりお湯で割ったり、炭酸水でさっぱり飲んでいたりと様々。通常酵素は高温に弱いのでお湯割りはできませんが、ベルタ酵素は高温からも酵素を守る特殊な加工がされていますので、飲み方の幅が広がります。私は紅茶にベルタ酵素を入れてピーチティーのようにして飲むのが好きです。

 

「夏になると陰嚢湿疹ができてかゆい」「場所が場所なだけにどうにもできない」と陰嚢湿疹にお悩みの方は、一度ベルタ酵素を試してみてください。もちろん体質によって合う合わないはありますが、湿疹の落ち着きが期待できると思います。