ベルタ酵素でダイエットをするなら、夕食をベルタ酵素に置き換えるのが一番良い方法です。

ただ、ベルタ酵素を完全に夕食と置き換えてしまうと、お腹が空いて夜眠れない…結局夜食を食べてしまい自己嫌悪…と言う話も聞きます。

今回は、ベルタ酵素でダイエット中でも食べられる、夕食メニューについてご紹介します。

ベルタ酵素でダイエット中でも夕食を食べたい!ダイエット夕食メニューをご紹介

ベルタ酵素を夕食と置き換えれば、そりゃ大きな減量に繋がりやすいです。でも、空腹で辛くて挫折してしまっては意味がありません。

ダイエットは一定期間続けてこそ!成功したいなら大きな無理があってはいけません。

ベルタ酵素を飲んで1時間くらいしたら、軽く夕食を食べても大丈夫です。でも、食べ過ぎは厳禁!?あくまで空腹で辛くない範囲にまでに抑えて置くことはぢ前提です。

ベルタ酵素でダイエット中でも夕食に食べられる食材・メニューは次の通りです。

こんにゃく

こんにゃくはカロリーが低く、食物繊維も豊富なのでダイエットには欠かせない食材です。さらにこんにゃくには美肌に欠かせないセラミドの元となる成分も入っていますので、食べれば美肌も期待できます。

ベルタ酵素でダイエット中でも、こんにゃくは大活躍。コンニャクは弾力があるので、しっかり噛んで食べれば少量でも満腹感も得られます。

スーパーに行けば、0キロカロリーのこんにゃくゼリーも売っていますので、手軽に食べられるのも魅力です。オススメはこんにゃくのきんぴらです。甘辛い味付けで、夕食を食べた!という気持ち的な満足感も得られます。人参やごぼうと一緒に作れば、低カロリーで栄養が摂れるので夕食に食べても大丈夫です。

 ベルタ酵素でゼリーを作る

ベルタ酵素を使ってゼリーを作り、それを夕食に食べるのもいいですよ。飲み物だとお腹が空いてしまいますが、ベルタ酵素をゼリーにしてしまうことで満足感がアップして、お腹も好きにくくなります。

ダイエットもスピーディーに進めたいけど、夕食も食べた気がしないのは嫌!と言う方にオススメです。

通常、酵素は熱に弱いため酵素ドリンクを使ってゼリーを作ることはできません。(ゼラチンを溶かすのにお湯を使います)でも、ベルタ酵素は特殊な加工で酵素を守っているのでお湯でも酵素が壊れず、ゼリーが作れちゃうんです。

ゼラチンの代わりに寒天を使ってゼリーを作れば、さらにカロリーをカットでき、食感が硬くなるので食べ応えもアップして満足感得られやすくなりますよ。

そして、ベルタ酵素で作ったゼリーは味もピーチ味で美味しいです。原液でゼリーを作ると甘過ぎたり、量が食べられないので、ベルタ酵素をお好みの量の水で薄めてからゼリーにするといいですね。

ダイエット中の夕食に「はるさめ」はNG!

低カロリーの代表、ダイエット中のお供とも言える「はるさめ」。会社でも体型を気にする方がランチにはるさめヌードルを食べているのをよく目にします。

でも、はるさめってダイエット中の夕食にはNG食材だって知っていましたか?

低カロリーで知られるはるさめですが、確かにカロリーは低カロリーなのですが糖質が多い食材です。ダイエットをするならば糖質を控えめにしてタンパク質でカロリーをとるのが理想的。

ダイエットのために夕食にはるさめスープを食べていた場合、ササミと野菜のスープなどに変えるとダイエット効果が高まります。

ダイエット中の食材選びは、糖質なのか?タンパク質なのか?という視点で食材を見るといいですね。